滑らかな書き味、万年筆。

万年筆プレゼント文房具

万年筆というと、昔西洋で使われていたとか、値段が高く少し仰々しいといったイメージがある方も多いのではないでしょうか。
ですが、最近ではそれは私たちにとってより身近なものになってきています。
皆さんも文具店でこの文具が売られているのを見たことがあると思います。
お手頃な値段のものは1000円程度で買うことができますし、少し値がはるものはプレゼントにちょうどよいものとされるようになりました。
デザインを意識したものや機能性を重視したもの、ガラスでできたものやプラスチックでできたものなどその様態も様々です。
愛好者がだんだんふえたため、日本でも安価に購入し使用することができるようになりました。
好みに合わせてインクの色やペン先を交換できるのも大きな魅力の一つです。
書きたい文字の大きさや字の形によってペン先を変えることができ、そのペン先の種類も豊かです。
手入れを丁寧に行えばその名の通り非常に長い期間使うことができます。
最初はくせのある書き味に戸惑ったり、インクのにじみなどのミスにいらついたりする方も少なくないようですが、カスタマイズできることや次第に書き手になじんでくるといった特徴から、万年筆のとりこになる人も多いようです。
みなさんも大切な方へのプレゼントや自分の趣味のためのものとして、一度万年筆を手に取ってみてはいかがでしょうか。

万年筆でサインしませんか

ポケットからさっと万年筆を取り出しサインする、ドラマや映画でこんなシーンを見ることがありますよね。
しかし中々買っても飾るだけのコレクションになりがちで使う機会が難しいという声を聞きます。
確かに職場で何か書くにしても使うにしてもボールペンでことたります。
しかし万年筆にはボールペンにはない温かさやその人の字の癖が出ます。
サインはもちろん手紙や日記を書く際も自分らしさがでますし、自分用に作った使い心地のよさが体感できます。
最近では百貨店だけでなく文房具屋でも販売していますし、場所によっては専門の店員さんが数ある万年筆から自分にあったものを選んでくれます。
外国製や日本製、女性向きや年配の方向けなど初心者が選ぶには種類が豊富なので、こういった店員さんがアドバイスをしてくれる店舗も大切です。
また慣れてきたらインターネットでの販売もありますから、昔のように専門店に行かずとも購入することが出来ます。
今はお手頃な1万円以下のものもでています。
上を見ればいくらで高価になりますが、それだけの価値があるものです。
自分で使うのはもちろん、誰かの合格祝い、就職祝い、昇進祝いと色々な場面でプレゼントとしても使うことが出来ます。


注目サイト


勤怠管理をお試しください




Last update:2020/10/15

『万年筆』 最新ツイート

@Ks_Dee_info

『ライバル』(31) 『低価格の万年筆』 ①カクノ パイロットコーポレーション、1,080円 キャップにくぼみがあり開けやすくグリップは三角形で子供でも使いやすい ②プレジール プラチナ万年筆、1,080円 スリップシール機構 ③… https://t.co/fKTmToZI2k

15秒前 - 2020年10月27日


@kirinada_s

なんとなく、インクの数だけ万年筆増えていきそうでこの沼怖い…

21秒前 - 2020年10月27日


@malpighi

@GU_JIN @KandaFuali インク沼もオススメですよ(*´-`)b✨ インク沼に浸かると、もれなく万年筆沼と紙沼もセットでついてきておトクですよ✨

22秒前 - 2020年10月27日


×上に戻る×